設備紹介

超高層ビル,長大橋,大型船をはじめとして構造物は巨大化,複雑化している。

これら構造設計の根底となる力学的挙動の研究は、構造物の力学的な解析とこれを裏付ける実験とによって行われている。

本施設は、構造物試験機,テストフロアおよび研究室・作業室・管理室の各部門に分けられ、5か年にわたる調査・研究を重ね、1975年12月に完成した。

国内外には大型構造物試験機を設置した多くの構造試験所があるが、本施設は大学設置としては最大規模を有している。